ウェブページのキャプチャ:ウェブページをすぐに撮る及び編集

前回更新 2016/12/26 更新者

ウェブページをキャプチャする理由はさまざまです。モニター上のものを他の人に表示させることや、スクリーンショットした後の画像を素材とすることなどが挙げられています。だがウェブマスターにとっては、異なるブラウザ上に表示されるウェブページをキャプチャし、それによってウェブサイトのコードをデバッグします。どんな理由にも関わらず、オンラインスクリーンショットツールでウェブページのキャプチャを実現できます。

実際には、ネットの上にウェブページを撮るオンラインツールがたくさん存在しています。その中の一つはウェブページキャプチャです。他の同様のアプリと比較し、このウェブページキャプチャツールは多機能でユーザーにすごく好まれています。その主な機能は以下のとおりです。

I. 主な機能

URLを通じてどんなウェブページでもキャプチャ可能

ただウェブページのURLを対応的な位置に貼り付けるだけで楽にキャプチャすることができます。つまり、このツールを使用すると表示中の画面もウェブページ全体もスクリーンショットを素早く撮れます。ウェブページ全体に対するキャプチャはウェブページをスクロールする必要がなくても気軽にキャプチャできるということです。

豊富な編集機能

ウェブページを撮った後、たぶんその画像に注釈付きまたはハイライトする必要があります。その時に、このアプリ中の編集機能はちょうどうご要求に満足できます。活用すると形状、ライン、楕円形、透かし、テキスト、そして特別に設計されたスタンプなどを画像に追加することができます。

無料なクラウドストレージ

このサイトに会員登録した後、スクリーンショット画像を保存するための無料なクラウドストレージを取得することができます。アップロードされた画像は100%安全で他の人にさらされることはありません。ちなみに、このツールを利用してクラウドストレージにアップロードされた後、URLリンクを生成し、このリンクで便利に共有することが可能です。

しっかりしたスクリーンショット予約ツール

もうひとつの素晴らしい機能はスクリーンショットを撮る前の遅延です。このオンラインスクリーンキャプチャツールはスクリーンショットの取りを延期することがサポートされる。はっきりしたスケジュールを設定し、後のウェブページを時間通りにキャプチャします。そうすることで、ウェブページに更新された最新のニュースまたはコンテンツをキャプチャし、ローカルディスクに自動的に保存できます。

無料ダウンロード

II. スクリーンショットツールでウェブページをキャプチャ

スクリーンショットツールを利用してウェブページをキャプチャすることもできます。ここでは、無料なスクリーンショットソフトが紹介され、オンライン上のどんなウェブサイトでも簡単にキャプチャし、保存することが可能です。それだけではなく、四つのスクリーンショットモードを提供することで、画面上のあらゆるものを即時にキャプチャし(予約によるキャプチャも可能)、クラウドサーバにアップロードしてからURL経由で共有します。スクリーンショットためのワンストップ解決案が欲しいなら、この素晴らしいツールは一番でしょう。

評価: 4.3 / 5 (合計9人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
投稿者 2016/01/05関連カテゴリ:スクリーンショット前回更新 2016/12/26

コメント 0

お名前をご入力ください!
レビューの詳細をご入力ください!

コメント (0)

ダウンロード
レビュー
トップに戻る
For PC